商品詳細(電子書籍)

スウェーデンはなぜ強いのか

公開開始:2012年1月12日

スウェーデンはなぜ強いのか

北岡孝義 著者

ジャンル:教養,経済・経営,福祉,歴史
出版社:PHP研究所

発生ポイント 0pt 価格 ¥650
商品の内容

スウェーデンは社会保障が進み男女平等が徹底された福祉国家であると讃美するのも、税金が高く社会主義的な国であると批判するのも、一面しか捉えていない。
「伝統的な家族」は崩壊してしまっており、母子家庭・父子家庭や片親の違う兄弟も普通のことだ。ボルボやサーブが破綻しても政府は救済しないなど、米国以上に市場原理主義的な国でもある。
その特異な社会・経済を理解するためには、国家を支える理念と、それが生まれた背景を知る必要がある。
戦後の高度成長期に必要とされた「国民の家」の理念は、H&Mやイケアの企業戦略、年金制度改革などに、どう実践されているのか。
スウェーデンは福祉を経済成長にもつなげている。しかし、それを表面的に真似ても、うまくはいかない。この国から学ぶべきは、個々の政策ではなく、政治・制度に対する国民の信頼という無形の社会資本を形成し、担保するしくみだ。日本がとるべき道を示唆する。

目次

第1章 今日のスウェーデン
第2章 高度成長期の苦悩とスウェーデン・モデルの誕生
第3章 スウェーデンの企業 ― H&Mとイケアに見るスウェーデンの企業戦略
第4章 新しい福祉政策と年金改革 ― 持続可能な制度の構築に向けて
第5章 成長戦略としての福祉

終章 スウェーデンから何を学ぶか

全てを表示
一部を隠す
紙の本を買う

この商品を買った人はこんな商品も買っています

電子書籍

ページトップ