商品詳細(電子書籍)

週刊東洋経済2016年2月13日号

公開開始:2016年2月8日

週刊東洋経済2016年2月13日号

マイナス金利発動!

週刊東洋経済編集部

ジャンル:経済・経営
出版社:東洋経済新報社
発行日:2016年2月発行

発生ポイント 0pt 価格 ¥600
商品の内容

特集「リーマンショック以来の黄信号点灯 世界経済危機」
年初から原油安、人民元安、世界同時株安の嵐が吹き荒れ、頼みの綱の米国経済にも暗雲が垂れ込めてきた。世界経済は大丈夫か──。

目次

P.36
第1特集
リーマンショック以来の黄信号点灯
世界経済危機

グローバル経済大荒れ!

世界的なリスクオフはこうして起きた
図解|世界経済「負の連鎖」
図解|注目国の民間マネーフロー


[Part1] 世界的リスクオフ 日本株が激震

「日銀頼み」が続く 薄氷の円安・株高

[市場関係者12人に緊急アンケート]
Q 「マイナス金利導入」評価できる?
Q アベノミクス相場はまだ続く?

[データ&ランキング] 円安、低成長でも負けない+ 割安株
混乱市場に打ち勝つ会社はどこだ?


[Part2] 牽引役・米国に死角あり

[現地リポート 米国] 原油安とジャンク債危機で急下降

INTERVIEW│米投資会社幹部に直撃 米ジャンク債の第一人者は語る

[緊急講義1] ジャンク債危機はパリバショックの再来か

COLUMN│ポストオバマ、米国の対中東戦略は揺り戻しか?

米国GDPを独自予測 ゼロ成長転落も否定できず

2016年も株価は停滞へ 意外に脆弱、米国企業の業績


[Part3] 中国、中東はどれだけ深刻か

[現地リポート 中国] 個人に広がる株離れ 消費熱は強い

成長率7%割れ 中国減速はいつ止まるか

INTERVIEW│「中国通貨危機説に異議あり!」元日銀北京事務所長が語る
露口洋介/信金中央金庫 海外業務支援部 上席審議役
「中国の『資本流出』は誇張されている」

[緊急講義2] 「国際金融商品」 原油暴落の破壊力

地政学リスクの次の焦点に サウジアラビア全解剖

ロシアや欧米も入り乱れる 液状化する中東情勢の読み方

[緊急講義3] 通貨安と企業債務が新興国を脅かす


P.16 核心リポート

甘利氏辞任で浮上する 「4月解散」の仰天計画
歳川隆雄/『インサイドライン』編集長

熱帯びるフィンテック果実を得るのは誰か


P.20 緊急特集
黒田総裁は再びルビコン川を渡った
日本銀行

黒田日銀がまた市場をあっと言わせた。マイナス金利政策という“劇薬”は、どんな副作用をもたらすのか。

【総論】日本経済終わりの始まりか

【Q&A】マイナス金利とは何か?

【民間金融】銀行収益に大打撃!

先行した欧州 手探りで効果は不透明
田中 理/第一生命経済研究所 主席エコノミスト

【株式観測】マイナス金利下で株は「買い」
重見吉徳/JPモルガン・アセット・マネジメントチーフ・グローバル・マーケット・ストラテジスト

【為替観測】円安効果は限定的
内田 稔/三菱東京UFJ銀行 グローバルマーケットリサーチ チーフアナリスト


P.80 記者座談会
社長の器【特別編】

経営トップの資質を探る「社長の器」。今回は特別編として各業界担当記者による座談会をお届けする。テーマは有力企業の社長交代ラッシュである。


P.86 ひと烈風録
「ひこにゃん」も「うどん県」も地方活性化のお助けウーマン
殿村美樹 PRプロデューサー・TMオフィス社長

どん底を見たから今がある。次々にブームを巻き起こす仕掛け人は、波瀾万丈の人生を歩んできた苦労人。まだまだ花を咲かせます。


連載
|経済を見る眼|ふるさと納税はこのままでよいか/佐藤主光
|この人に聞く|上健宏 / TDK社長|電池とセンサーに注力
|少数異見|甘利辞任でアベノミクスは終わり
|知の技法|「思考のフレームワーク」について考える(1)/佐藤 優
|中国動態|北朝鮮、中東、台湾の激変に翻弄される中国/小原凡司
|グローバル・アイ|米国・イラン関係改善後も残る核保有国の火種/クリストファー・ヒル ほか
|フォーカス政治|甘利問題の処理で露呈した安倍政治の変質/塩田 潮
|投資の視点|買い残減少数|相場の重しの「信用買い残」 整理された後の反発を狙う
|マクロウォッチ|10~12月期GDP成長率 消費低迷で再びマイナスに?
|ブックス&トレンズ|『崩壊 朝日新聞』を書いた長谷川熙氏に聞く ほか
|Readers & Editors|読者の手紙、編集部から
|生涯現役の人生学|江戸期の幕府機能分散/童門冬二

全てを表示
一部を隠す
紙の本を買う

この商品を買った人はこんな商品も買っています

電子書籍

ページトップ