商品詳細(電子書籍)

週刊東洋経済2015年11月7日号

公開開始:2015年11月2日

週刊東洋経済2015年11月7日号

堕ちた名門

週刊東洋経済編集部

ジャンル:経済・経営
出版社:東洋経済新報社
発行日:2015年11月発行

発生ポイント 0pt 価格 ¥600
商品の内容

特集「VWショック」
独フォルクスワーゲンによる自動車史上前例のない大スキャンダル。ドイツは大量の難民という課題にも直面している。VWとドイツはどこへ向かうのか。

目次

P.48
第1特集
VW[フォルクスワーゲン]ショック

[1] フォルクスワーゲン 堕ちた名門

[ドイツ 現地報告] 「VWがなければ何もない」
企業城下町に兆す不安の影

排ガス不正5つの真実 世界が震撼した VWの過ち

オーナー家骨肉の50年戦争 VW独裁者 ピエヒの実像

ガバナンスはなぜ機能しなかったのか。
時代に逆行した独裁経営の弊害/ラルフ・ベーベンロート

どうなる再編? VW陥落で 「トヨタ一強」へ

ディーゼルは死んだ? VW不正で強まる逆風

次の本命は? VWガス不正で、エコカー戦線「異状あり」

カタログ燃費のフシギ


[2] ドイツ一強 浮上する警戒論
VW不正でも揺るがぬドイツ「独り勝ち」に高まる不満

「欧州の帝王」メルケル失脚も
VWと難民、ドイツ「2つの危機」/熊谷 徹

[INTERVIEW 私のドイツ論]
(難民)「多様性はドイツを豊かにする」/ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン
(ユーロ)「ドイツ警戒論には理由がある」/田中素香
(ドイツ製造業)「ドイツはフォルクスワーゲンとは違う」/ダリア・マリン

ドイツとどう向き合うか
ドイツ礼賛論の陥穽/三好範英

(インダストリー4.0)「中小企業にこそチャンスあり」/西岡靖之

(再生エネルギー)「日本はドイツの轍を踏むな」/朝野賢司


P.16 核心リポート

常陽・足利銀が統合へ 次なる焦点は千葉銀行

旭化成、“偽装”再び 北海道でも不正発覚

目指すはSDR入り 中国が進める金融改革

中国失速が痛い建機各社 合理化で済まない事情

13兆円買収劇に虎視眈々 アサヒ棚ぼた狙いの真意

荒波の中稼ぐ液晶部材 強さの源は「寡占力」


P.30 巻頭特集
6000億円でアメスピ買収
JT 「買収王」の手の内

巨額買収をテコに世界第3位のたばこメーカーへとのし上がったJT。再びM&Aの表舞台に登場した。


P.36 深層リポート
東京エレクトロン
グローバル経営よ、再浮上せよ!

世界最大手企業との経営統合の発表、その後の破談。異色のグローバル企業が追い求めるもの、その先にあるものとは何か。


P.42 ひと烈風録
永続敗戦論で颯爽と登場
白井 聡 政治学者

『永続敗戦論』は日本の対米従属の姿をえぐり出した。若き政治学徒の出発点はレーニン研究。レーニンと現代日本に通底する課題とは。


連載
|経済を見る眼|新「3本の矢」の意味/早川英男
|この人に聞く|寺澤辰麿 / 横浜銀行頭取|統合で地銀最大グループへ
|少数異見|過剰債務で再建以前のシャープ メイン行も手詰まりで時間空費
|ゴルフざんまい|日本選手にいちばん必要なのは勝負脳/三田村昌鳳
|知の技法|実用教育と学問研究 大学がとるべき立場は/佐藤 優
|中国動態|7兆円超える「爆買い」で中英の蜜月関係を演出/陳 言
|グローバル・アイ|インド回復を妨げるムダな障壁を打破せよ/シャシ・タルールほか
|フォーカス政治|2大政党制を目指すなら、共産党との協力しかない/山口二郎
|株式観測|製造業と非製造業で異なる景況感、その行方は?/伊藤高志
|為替観測|ユーロ対米ドルの通貨安戦争が勃発か?/高島 修
|投資の視点|配当利回り|郵政株を超える高利回り 安定配当方針の銘柄が魅力
|マクロウォッチ|ECBの通貨安政策 持続的な効果はなし?
|ブックス&トレンズ|『「個人主義」大国イラン 群れない社会の社交的なひとびと』を書いた岩﨑葉子氏に聞く ほか
|Readers & Editors|読者の手紙、編集部から
|生涯現役の人生学|“三方よし”は恕の心/童門冬二

全てを表示
一部を隠す
紙の本を買う

この商品を買った人はこんな商品も買っています

電子書籍

ページトップ