商品詳細(電子書籍)

週刊東洋経済 2015年2月7日号

公開開始:2015年2月2日

週刊東洋経済 2015年2月7日号

週刊東洋経済編集部 編

ジャンル:経済・経営
出版社:東洋経済新報社
発行日:2015年2月発行

発生ポイント 0pt 価格 ¥600
商品の内容

特集「原油安ショック」
原油安が止まらない。2014年前半に1バレル=100ドルを超えていた価格はわずか半年で5割安に。米国シェール企業が破綻し、ロシア国債はジャンク債扱い。日本の商社も1000億円単位の損失を計上するなど、不吉なムードが漂い始めた。原油安をめぐる経済最前線を追った。

巻頭特集「グローバル・ジハードの実態 「イスラム国」の戦慄」
人質事件が示すように、日本も無縁ではいられない。イスラムといかに向き合うか。

目次

P.58
世界大激震
原油安ショック

サウジが仕掛けたチキンレース 原油価格は20ドル台突入も


今さら聞けない 原油5つの疑問

一目でわかる原油生産と紛争地図 拡散する地政学リスク

[現地ルポ 1] 米国シェール革命に大異変
肥田美佐子●ジャーナリスト

[現地ルポ 2] 原油安・制裁・通貨安 三重苦にあえぐロシア
齋藤 寛●日本貿易振興機構(ジェトロ)モスクワ事務所

甦る逆オイルショックの記憶 ハイイールド市場発危機シナリオ

原油安で [上がる株] [下がる株]

INTERVIEW│揺れる新興国投資のポイントは?
城田修司● HSBC 証券東京支店 マクロ経済戦略部長

米国で急成長 「エネルギー版 REIT」もツレ安

世界経済に忍び寄る危機の足音
原油安がもたらす「負」の波及効果
松浦 肇●産経新聞ニューヨーク駐在編集委員

元売り再編最終章 出光 昭和シェルの“次”

高まる減損リスク
石油開発会社 商社 原油安で利益吹き飛ぶ

周辺産業にも波及必至
プラント 掘削 油井管 新規受注に漂う暗雲

[石油化学] 原油安で再編機運遠のく?


P.18 核心リポート

ワンマン経営の功と罪 スカイマーク経営破綻

米国の戦略拠点を縮小 ソフトバンクの“誤算”

本場バーバリー日本上陸 高額商品に期待と不安

4年ぶり黒字喜べず 任天堂襲う負の連鎖

ヤマト、メール便廃止 規制との闘いに終止符


P.26 ニュース最前線

外食│バイト出身役員を抜擢 重責担うワタミ新社長

自動車│新型セダンの計画消失 目算狂った三菱自動車

商社│丸紅、巨額減損招いた 原油と穀物の「二重苦」


P.30 巻頭特集
グローバル・ジハードの実態
「イスラム国」の戦慄

人質事件が示すように、日本も無縁ではいられない。イスラムといかに向き合うか。


P.38 深層リポート
量的緩和でも消えない欧州の不安
さまようユーロ

ECBの量的緩和、ギリシャ選挙での反EU勢力勝利―。大きく揺れ動く欧州経済の今後を占う。
2年目“失速”の根因
シャープ裏切りの再赤字

経営危機から約2年―。業績は順調に回復していると思われたが、状況は暗転した。


P.46 シリーズ あの時
史上最悪テロ事件の消せない記憶
地下鉄サリン20年


P.90 ひと烈風録
干場弓子 ディスカヴァー・トゥエンティワン 社長

出版不況を吹き飛ばす女性社長の本の売り方


連載

|経済を見る眼|日本の開業率はなぜ低いか/太田聰一

|この人に聞く|小泉光臣 / JT社長|海外展開を加速

|少数異見|安倍首相、移民政策で金縛りに 

|知の技法|イスラム国の要求と「擬似命題」の関係/佐藤 優

|中国動態|訪日ブームの次は半定住/田中信彦

|グローバルアイ|経済学者は歴史上どんな貢献をしたのか/ロバート・J・シラー

|フォーカス政治|野党は反撃体制を築けるか/塩田 潮

|株式観測|日米欧アジアのバリュー比較は日本株に軍配/濱崎 優

|為替観測|値動きは荒いが大幅なドル安円高にはならず/深谷幸司

|価格を読む|アイス| 市場拡大に水を差す原料高

|マクロウォッチ|原油価格下落で貿易赤字縮小へ

|ブックス&トレンズ|『医師の一分』を書いた里見清一氏に聞く ほか

|Readers & Editors|読者の手紙、編集部から

|生涯現役の人生学|宛名の悩み/童門冬二

全てを表示
一部を隠す
紙の本を買う

この商品を買った人はこんな商品も買っています

電子書籍

ページトップ