商品詳細(電子書籍)

ショーペンハウアー 大切な教え

公開開始:2013年6月27日

ショーペンハウアー 大切な教え

アルトゥル・ショーペンハウアー 著
友田葉子 訳

ジャンル:自己啓発
出版社:イースト・プレス
発行日:2010年10月発行

発生ポイント 0pt 価格 ¥864
商品の内容

「アルトゥル・ショーペンハウアーは私が誇りとする厳格な教師である」――フリードリヒ・ニーチェ

本書は、百年以上前のドイツでショーペンハウアーがたどり着いた人生哲学の中でも、現代に生かせる「大切な教え」を網羅しました。優しくも力強い彼の思想は、きっとあなたの毎日に花を添え、自由な感性を育て、生きるための大切な指針となることでしょう。

目次

1 幸福に生きる
2 自分を愉しむ
3 マイペースに暮らす
4 知性を磨く
5 快く過ごす

6 本と向きあう
7 自由にはばたく

全てを表示
一部を隠す
◆著者紹介◆

◆アルトゥル・ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer) ドイツの哲学者。1788年ダンツィヒに生まれ、裕福な商人の家庭で育った後、1809年ゲッチンゲン大学へ入学。その後、ベルリン大学へ学ぶ。1819年主著『意志と表象としての世界』を発表し、ベルリン大学の私講師となる。同大学の人気講師であったヘーゲルと対抗したが、大学辞めて、1831年にはフランクフルトに居を構えた。これ以降の主な作品として、『道徳の基礎について』(1840年)、『パルエルガ・ウント・パラリポメナ』(1851年)などがある。

紙の本を買う

この商品を買った人はこんな商品も買っています

電子書籍

ページトップ