商品詳細(電子書籍)

世界への扉を開く“考える人”の育て方

公開開始:2016年3月14日

世界への扉を開く“考える人”の育て方

大前研一 編著
ビジネス・ブレークスルー出版事務局 編集

ジャンル:自己啓発,児童教育
出版社:ビジネス・ブレークスルー
発行日:2016年3月発行
(C)Kenichi Ohmae 2016

発生ポイント 0pt 価格 ¥1,080
商品の内容

日本から世界をリードするイノベーションを起こすのに必要なものは、考える力がある人材。そんな人をいかに育むか。シリーズ大前研一通信特別保存版第9弾は、グローバルに考えることができる人材を育てるために、国際バカロレア(IB)教育の可能性とインパクトを紹介。日本の教育を「教える」から「考える」ものに変革し、武器としての頭脳を磨く必要性を説く。前半は日本の教育の現状と問題点を抉り、後半では国際バカロレア(IB)教育の具体的な導入の動きを探る。

目次

はじめに 1

第1章 大前流「教育再生」論

1.地球社会に貢献できる人材の育成 11

2.日本人の思考特性――日本の企業はなぜ国際化できないか 24
3.ものを考えなくなった日本人 30
4.義務教育法・教育等価法 40
5.世界で、ビジネス界で起こっている変革――なぜ日本から世界的イノベーションがうまれなくなったのか 47
6.とがった一人の才能に日本は負け続けている 55
7.勝ち残る企業の条件「クラウドが迫るマインドチェンジ」――21世紀は「人・物・金」から「人・人・人」へ 62
8-1.「教える」から「考える」教育への変革の必要性――親として、どう教育と向き合うか 119
8-2.世界に見る、人材海外シフトの現状   121
9.グローバルリーダーに学ぶ思考法――当たり前のことを疑う「質問力」を身につけよ 125
10.頭脳という武器を磨き“新大陸の覇者”となれ 132

第2章 国際バカロレア(IB)教育の必要性

【序文】「国際バカロレア」が教育を変える ~グローバル社会を生き抜くために~ 143

1.日本の国際教育「これまで」と「これから」 149
2.インターナショナルスクールにおけるIB教育の価値 156
3.国際バカロレア 日本導入の舞台裏 159

第3章 国際バカロレア(IB)導入への動き

1-1.筑波大学 筑波 大学の理念とIB教育の共通点 169
1-2.IB入試の課題と期待 179
1-3.IB導入は“恐怖”ではない 187
2-1.「自立した札幌人」への第一歩 195
2-2.未来を切り開く「課題探究的な学習」 203

第4章 国際バカロレア(IB)教育における「グローバル人材」とは

1.「日本は、世界の中でのユートピア」 220
2.「地方こそ、グローバル人材を必要としている」 222
3.「グローバル人材は、“日本人らしさ”の再定義によって生まれる」 223
4.「“理解者”から、表現者・発信者へ」 226
5.「世界への扉を開くために」 228
6.“グローバル”の意味は、世界ではない 230
7.世界の多様性を受容する 231

終わりに 233

全てを表示
一部を隠す
紙の本を買う

この商品を買った人はこんな商品も買っています

電子書籍

ページトップ