商品詳細(電子書籍)

大前研一通信 VOL.285

公開開始:2018年6月5日

大前研一通信 VOL.285

大前研一 著

ジャンル:自己啓発,経済・経営
出版社:ビジネス・ブレークスルー
発行日:2018年6月発行
(C)大前研一通信事務局

発生ポイント 0pt 価格 ¥700
商品の内容

「大前研一通信」は様々な社会問題に対し、グローバルに活躍する経営コンサルタントの大前研一の発言や論文を、まるごと読むことができる唯一の月刊情報誌です。 マスコミ上に発信された大前研一の発言や、雑誌媒体へ連載している記事等が読め、新聞やテレビでは分からない多面的・国際的視野があなたの前に広がるでしょう。これからの激変する時代の指針として、21世紀のサバイバルツールとして、「大前研一通信」を是非、お役立てください。今回は、人工知能(AI)の研究開発が進むにつれ、今から10年後のビジネスの形は全く変わっている可能性があり、AI時代を生き抜くために必要な能力に言及した記事を巻頭に、AIが人間の頭脳を追い抜くと言われるシンギュラリティに備えた対応の必要性にも触れた、かつて大前研一が経済アドバイザーをしていたマレーシアで返り咲いたマハティール首相に対しての提言に関する記事や、「18歳成人」への民法改正の記事など、AI時代の生き残りに関する記事を前半に、【大前関連発言】としては、最近の国会での与野党の攻防の震源地としての安倍首相に関する記事をご紹介、続けて6月に予定されている米・朝首脳会談の前に行われた韓国文在寅大統領と北朝鮮の金正恩委員長の南北首脳会談後に署名された「板門店宣言」の本質や、日本への影響、また北朝鮮の「非核化」がどこまで本気かなど、朝鮮半島情勢に関連する記事を中心に構成した「世界の潮流(AI時代サバイバル・朝鮮半島情勢編)」と題する特集を考えます。【TOPICS】として、企業の中で既に蓄積されている知見や技術等の資産を利用し、周囲の人を巻き込みながら新しい価値を提案できる人材の育成を目的とするBBT大学大学院の「Intrapreneur Development Program(IDP)-社内起業家養成プログラム」によるセミナー開催情報や、開講10周年を迎え、新コースやリニューアル開講する「実践ビジネス英語講座(PEGL)」、また国際バカロレア初等教育プログラム(PYP)認定関連のプレスリリースなどBBTの各プログラムの活動報告などもご紹介します。

目次

【特集】「世界の潮流(AI時代サバイバル・朝鮮半島情勢編)」

・10年後に産業界は一変する 自ら学ぶ人以外生き残れない
                           (週刊ダイヤモンド 2018/5/12号)
*返り咲き”マハティール首相への提言     (夕刊フジ 2018/5/19号)

  
・民法改正「18歳成人」を認めていいか?     (プレジデント 2018/6/4号)

【TOPICS1】 ・IDP-社内起業家養成プログラム 起業家×教授セミナー
「新規事業開発の最前線を知る」   (BBT NEWS RELEASE)  

【大前関連発言】・震源地は安倍だ!   (VERDAD 2018/5月号)

・金正恩「非核化」はどこまで本気か          (プレジデント 2018/5/14号)

韓国・北朝鮮「板門店宣言」の裏側を読む   (グローバル・マネー・ジャーナル 541 2018/5/9)

・朝鮮半島情勢~南北の平和協定は、日本にとって大きな負担になる可能性が大きい
        (ニュースの視点 724 2018/5/7より)

*【核実験中止表明】北に「監視役常駐」要求を        (夕刊フジ 2018/4/28号)

【TOPICS2】・Summerhill International School 国際バカロレア 初等教育プログラム(PYP)認定校
                           (BBT NEWS RELEASE)  
・おいしいものと素晴らしい景色があれば世界中から人々は集まってくる
 (週刊 ホテルレストラン  2018年5月4・11日号)

【TOPICS3】・ビジネスで結果を出すことを主眼とした「実践ビジネス英語講座(PEGL)」が10周年
 (BBT NEWS RELEASE)  
・BBT関連情報 他

全てを表示
一部を隠す

この商品を買った人はこんな商品も買っています

電子書籍

ページトップ