商品詳細(電子書籍)

大前研一通信 VOL.284

公開開始:2018年5月5日

大前研一通信 VOL.284

大前研一 著

ジャンル:自己啓発,経済・経営
出版社:ビジネス・ブレークスルー
発行日:2018年5月発行
(C)大前研一通信事務局

発生ポイント 0pt 価格 ¥700
商品の内容

「大前研一通信」は様々な社会問題に対し、グローバルに活躍する経営コンサルタントの大前研一の発言や論文を、まるごと読むことができる唯一の月刊情報誌です。 マスコミ上に発信された大前研一の発言や、雑誌媒体へ連載している記事等が読め、新聞やテレビでは分からない多面的・国際的視野があなたの前に広がるでしょう。これからの激変する時代の指針として、21世紀のサバイバルツールとして、「大前研一通信」を是非、お役立てください。<br>今回は、今後10~20年で今ある仕事の大半が自動化されてなくなると言われる21世紀に消える仕事、生き残る仕事は何か?どんなスキルやマインドを身に付け学ぶべきかを大前研一が洞察した記事を巻頭に、続けて2017~18年の世界・日本の動きを俯瞰し、2018年のビジネスに役立つ、国(日・中・米・欧)と企業の問題や、トレンド解説の記事を前半にご紹介します。中盤には、3月末に北朝鮮の金正恩氏が習近平氏と会談を持ち、6月中に予定される米・朝首脳会談の前に関係修復を図ったとみられる中・朝両国を含め、北朝鮮を巡る情勢を分析した記事に、ロシア情勢や、トランプ米大統領が、中国製品1300品目に25%の関税をかけることに呼応し、中国がとった大豆、トウモロコシ、小麦などへの同様の報復措置が意味することや、米通商政策にみる貿易不均衡のからくりにも言及した記事と、更なる市場開放を求めるトランプ政権の動向、加熱する米・金融経済、個人情報流出問題から波及する米フェイスブックの抱える問題点に加え、日本の自動車メーカーが、韓国でポジションを確立できなかったことに触れた記事、ルノー、日産、三菱3社の機能統合拡大におけるカルロス・ゴーン氏の問題点などを考察した記事など、今後の世界の潮流を予測する記事を中心に構成した「世界の潮流 2018~19年 Part.2」と題する特集号です。後半には、成人年齢の決定に関する記事、運転中のスマホ操作の事故、英国がロシア外交官23人を追放するに至った元ロシア情報機関とその娘の暗殺未遂事件に関する記事を、【時事問題】として、また大前通信保存版最新刊のレビュ-の一部もご紹介します。

目次

【特集】「世界の潮流 2018~19年 Part.Ⅱ」

・大前研一直伝 どうなる1年後、5年後、10年後?

21世紀 サイバー経済を生き残る法   (プレジデント 2018/4/30号)




・【大前研一「2018年の世界」】

世界中が「低欲望社会化」する中、日本は美しい衰退に向かう(biblion 2018/3/13)



・【大前研一「2018年の世界」】

 平成とは日本が泰平の眠りについていた時代。ポピュリズムと右傾化からは揺り戻しへ。

トランプ大統領に歯止めはかかるか? (biblion 2018/3/19)



*テーブルについた北は脅威ではない (夕刊フジ 2018/4/7号)



・米朝関係 ~米朝直接会談の結果は、北朝鮮崩壊のシナリオしか考えられない

   (ニュースの視点 717 2018/3/16)



・米通商政策にみる貿易不均衡のからくりとは (グローバル・マネー・ジャーナル 535 2018/3/28)



・トランプ「勘違い」が招いた米中貿易戦争 (夕刊フジ 2018/4/14号)



・更なる市場開放を求めるトランプ政権の動向(グローバル・マネー・ジャーナル 536 2018/4/4)



・加熱する金融経済、迫りくるブラックマンデーⅡ (プレジデント 2018/4/16号)



・韓国自動車/日産自動車/三菱重工業/トヨタ ~韓国でポジションを確立できなかった

日本の自動車メーカー (ニュースの視点 714 2018/2/24)



・ゴーンしか“運転”できない3社連合 (夕刊フジ 2018/3/10号)



【時事問題】【大前関連発言】・成人年齢の決定 (VERDAD 2018/4月号)



・罪重い“ながらスマホ”事故 (夕刊フジ 2018/3/31号)



・「暗殺未遂事件」英国がロシア外交官23人追放 (夕刊フジ 2018/3/24号)



【大前関連発言】「自ら人生の舵を取れ!」ブロガーレビュー


・BBT関連情報 他

全てを表示
一部を隠す

この商品を買った人はこんな商品も買っています

電子書籍

ページトップ