商品詳細(電子書籍)

薬はリスク?

公開開始:2017年5月11日

薬はリスク?

宮坂信之

ジャンル:薬学・衛生学
出版社:法研
発行日:2017年4月発行

発生ポイント 0pt 価格 ¥1,404
商品の内容

薬が持っている本来的な意味を知り、医療専門家と円滑にコミュニケートするためのガイドブック。さらに昨今問題となっている薬をめぐるトピックスについても、日本のリウマチ治療の第一人者であり、PMDA(医薬品医療機器総合機構)の専門委員も務める著者が幅広く解説しています。
・薬は本当に効くのか、なぜ効くのか
・副作用や飲み合わせで危険なこととは
・言われた通りに飲まないとどうなるのか
・薬の値段はどのように決まるのか
・なぜこんなに高い薬があるのか
・医療用薬とOTC薬の違いとは…など
また、注目されているジェネリック医薬品やバイオシミラーの知識などを含め、本当に問題になるのはどのようなことなのか、患者が知っておくべきことは何かを偏向することなく伝えています。

目次

1章 薬の歴史
2章 薬は本当に効くのか
3章 薬の副作用
4章 薬の副作用を疑ったら
5章 薬の飲み方・使い方

6章 薬の相互作用
7章 新薬はこうして生まれる
8章 最近の話題から
9章 薬の値段はどのようにして決まるのか
10章 ジェネリック医薬品とは
11章 「薬害」の歴史、薬の副作用救済システム

全てを表示
一部を隠す
紙の本を買う

この商品を買った人はこんな商品も買っています

電子書籍

ページトップ