商品詳細(電子書籍)

企業結合規制

公開開始:2013年3月14日

企業結合規制

林秀弥 著

ジャンル:労働法・会社法,経営,法律問題
出版社:商事法務
発行日:2011年8月発行

発生ポイント 0pt 価格 ¥11,880
商品の内容

企業結合規制における「論理」を理解するためのベースラインを構築する新たな試み

目次

序 問題の所在
第1部 企業結合規制の全体像
第1章 本書の問題意識
第1節 はじめに
第2節 企業結合の規制根拠

第2章 企業結合規制とは何か
第1節 企業結合規制における「競争」の意義
第2節 企業結合規制の特色
第3章 市場集中の規制枠組Ⅰ――「市場画定」
第1節 基本的理解
第4章 市場集中の規制枠組Ⅱ――「競争の実質的制限」と市場支配力
第1節 基本的理解
第2節 判例学説における「競争の実質的制限」
第3節 単独行動による競争の実質的制限
第4節 協調による競争の実質的制限
第5節 企業結合による効率性
第6節 経営不振会社との救済合併
第5章 垂直型企業結合および混合型企業結合の競争評価
第1節 概説
第2節 垂直・混合型企業結合の競争制限効果
第3節 垂直・混合型企業結合の規制の困難性
第4節 欧米における垂直・混合型企業結合の規制基準
第6章 業務提携と企業結合規制
第1節 序説
第2節 業務提携の競争効果
第3節 企業結合規制の手続法―次章への序論
第7章 企業結合規制の手続法
第1節 序説
第2節 事前届出制
第3節 株式取得の事前届出制度の導入
第4節 事前相談
第5節 問題解消措置
第8章 米国法
第1節 はじめに
第2節 企業結合規制の実体規定
第3節 規制手続
第4節 水平型企業結合規制
第5節 1992年水平的企業結合ガイドライン  
第6節 近時の判決
第7節 米国における企業結合訴訟における主張・立証方法
第8節 垂直型企業結合規制
第9節 混合型企業結合規制
第9章 EU法
第1節 序説
第2節 水平的企業結合規制
第3節 垂直型企業結合規制
第4節 混合型企業結合規制
第10章 その他の主要国における企業結合規制
第1節 英国
第2節 カナダ
第3節 中国
第2部 企業結合規制の重要問題
第1章 市場画定
第1節 はじめに
第2節 伝統的画定基準の生成と展開
第3節 画定基準の大転換――ガイドラインのアプローチ
第4節 日本法の示唆
第5節 競争の「可視化」としての市場画定
第6節 EU競争法における市場画定
第7節 市場画定の特殊問題
第2章 「競争の実質的制限」と市場支配力
第1節 「競争の実質的制限」の解釈――その展開
第2節 「競争の実質的制限」の解釈と「審決理論」
第3節 「審決理論」の再構成
第4節 日米の合併規制における「有効な牽制力ある競争者」の役割――最近の事例から
第5節 ケーススタディ――JAL・JAS統合における問題解消措置
第6節 非水平型企業結合の規制基準1
第7節 非水平型企業結合の規制基準2
第3章 企業結合規制の各論的課題
第1節 独占禁止法における企業結合概念
第2節 少数株式取得の競争制限効果と独占禁止法―― 「単独行為による市場支配力」の分析を中心に
第3節 日本の企業結合規制の理論的・実務的課題
第4節 企業結合規制の国際的協力枠組み
第4章 プラットフォーム機能に対する独占禁止法と競争政策上の課題
第1節 序説
第2節 プラットフォームの競争評価
第3節 プラットフォーム機能の反競争的利用――欧州マイクロソフト事件(2007年)
第4節 ICTプラットフォームの規律――試案の提示
第5節 残された課題
終章
第1節 本書の意義
第2節 企業結合規制の国際的収斂
第3節 経済学の果たすべき役割
第4節 本書の最後に
事項索引

全てを表示
一部を隠す
紙の本を買う

この商品を買った人はこんな商品も買っています

電子書籍

ページトップ