商品詳細(電子書籍)

重粒子線治療・陽子線治療 完全ガイドブック

公開開始:2016年8月18日

重粒子線治療・陽子線治療 完全ガイドブック

研友企画出版出版企画部
櫻井英幸
辻比呂志

ジャンル:医学
出版社:法研
発行日:2016年7月発行

発生ポイント 0pt 価格 ¥1,728
商品の内容

先進医療で受けられる「切らずに治すがん治療」として、“粒子線治療(重粒子線治療、陽子線治療)”がいま注目されています。2016年4月には、一部が健康保険の適用となり、今後の受診者数の伸びが期待されています。
重粒子線治療や陽子線治療は、従来の放射線治療(X線など)と比較すると、ビームの集中度に加え、攻撃力も高く、ピンポイントでがん病巣をとらえることができ、正常な臓器や組織への影響を最小限に抑えられます。照射時間も1日10分程度、患者さんは寝ているだけで痛みがほとんど伴いません。からだにやさしく通院治療も可能、社会復帰が早まり、患者さんにとって十分メリットがある治療法といえます。
 本書では、受診方法や治療の受け方、部位別の治療法などをわかりやすく解説、巻末には国内の全治療施設紹介ページも設けています。
今後のがん治療において、重粒子線治療や陽子線治療を選択肢の一つとして検討する際にぜひお役立てください。

目次

はじめに

アプローチ 重粒子線・陽子線治療で知っておきたいこと
がんに対する放射線治療
注目される優れた効果

臨床試験と先進医療

1章 重粒子線治療
重粒子線治療とは
治療の実際
これからの治療
部位別に見るがんの治療
コラム 重粒子線・陽子線治療を検討するなら

2章 陽子線治療
陽子線治療とは
治療の実際
これからの治療
部位別に見るがんの治療
コラム ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
コラム 施設レポート
ここが知りたいQ&A
用語解説

3章 国内の全治療施設紹介
重粒子線治療施設/陽子線治療施設
重粒子線治療、陽子線治療の疾患別統一治療方針

全てを表示
一部を隠す
紙の本を買う

この商品を買った人はこんな商品も買っています

電子書籍

ページトップ