商品詳細(電子書籍)

「アベノミクス亡国論」のウソ

公開開始:2013年9月19日

「アベノミクス亡国論」のウソ

上念司 著

ジャンル:金融・ファイナンス
出版社:イースト・プレス
発行日:2013年5月発行

発生ポイント 0pt 価格 ¥864
商品の内容

もし全国民が国家破産に備えたら、いったい何が起こるのか?

『TVタックル』(テレビ朝日)、『たかじんのそこまで言って委員会』(ytv)で注目の勝間和代の最強ブレーンが、「反リフレ論」のウソを完全論破!
安倍政権の誕生による経済政策の変更で好景気に向かいつつある日本だが、まだまだメディアの世界では「反アベノミクス論」が大勢を占めている。
金融緩和で日本が破産するというウソを平気で垂れ流す奴らを、投資シミュレーションを論拠に一刀両断。

目次

はじめに 「アベノミクスで日本破産」を完全に論破する
第一章 「国家破産」を願う人々の正体
 ――書店に蔓延【はびこ】る「トンデモ本」のウソを見抜く
第二章 「反インフレターゲット」のウソ
 ――もし国家破産論者の不安が的中したら

第三章 もし国家破産を保険にかけたら
 ――CDSで「国の借金」はゼロになる!?
第四章 もし国家破産時にレバレッジをかけたら
 ――崩壊した日本で「ひとり勝ち」できる!?
第五章 もし国家破産に備えて国債を売ったら
 ――CFDで100%大金持ちになれる!?
第六章 もし国家破産に備えて円を売ったら
 ――FXで「円暴落」から身を守れる!?
第七章 もし国家破産に備えて「資産逃避」したら
 ――それでも日本は大金持ち国家になる!?
第八章 もし国家破産に備えて「お金」を捨てたら
 ――「田舎暮らし」で全リスクを回避できる!?
第九章 反対論者も巻き込むアベノミクスの実力
 ――それでも安倍晋三を信じられないあなたへ

全てを表示
一部を隠す
【著者紹介】

上念 司(じょうねん・つかさ) 1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は1901年創立の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任(現在は代表取締役)。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。現在、勝間和代のブレーンの一人として、主に金融政策、財政政策、外交防衛政策等のリサーチを行っている。

紙の本を買う

この商品を買った人はこんな商品も買っています

電子書籍

ページトップ